カテゴリ:歌詞( 1 )

歌詞『Peace』

悲しくなると彼女は 煙草に火をつける
「体に悪いよ。」と僕が言えば「 心に良いのよ。」と返す
上手に輪っかを作っては「溜め息も綺麗でしょう。」って
悔しいけど僕はそれを綺麗だなんて思った

窓辺に座る彼女と向かいのソファに座る僕
その隙間 テーブルの灰皿 吸い殻が溜ってる

彼女の物憂げな横顔 触れたくて僕は隣に座る
すると彼女は「そういうんじゃないの。」って いつもの笑顔とピースサイン
「時には泣いても良いよ。」と口にすれば消えてしまいそうな
彼女はまるでその煙みたいな人 溜め息がまた窓の外に消えた

部屋の隅 テレビ画面 アイドルが作った顔で
「愛と平和を信じれば、幸せになれる。」と歌う
彼女は溜め息を増やして チャンネルを回しながら
「ラブには興味がないけれど、ピースは好きだよ。」と笑う

彼女の伸ばした前髪 風に吹かれ頼りなく揺れてる
午後の光が仄かにそれを染めて 本当に消えてしまいそうで
臆病な僕は下手糞な 知らん振りしながら窓を閉じた
煙の束が6畳の部屋に溜って そのせいか頬に梅雨の季節が来た

[PR]
by bottineco | 2014-08-07 03:43 | 歌詞